トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

エプソムCの歴史を学ぶにゃ♪

エプソムCの詳しい歴史にゃんcat

lovely1984年 東京競馬場の芝1800mの4歳(現3歳)以上の

     混合のハンデキャップの重賞(GIII)競走、

     エプソムカップとして創設。

lovely1996年  負担重量を別定に変更。

lovely2000年  アメリカンボスが史上初の連覇。

      江田照男が騎手として史上初の連覇。

      田子冬樹が調教師として史上初の連覇。

lovely2001年  馬齢表示の国際基準への変更に伴い、

      出走資格が「4歳以上」から「3歳以上」に変更。

lovely2003年  蛯名正義が騎手として2人目の連覇。

lovely2004年  マイネルアムンゼンが2頭目の連覇。

      田中清隆が調教師として2人目の連覇。

lovely2005年 混合競走から国際競走に変更。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エプソムカップ 出走して賞金もらいましょ♪

footプソンカップに出るには決まりがあるのかにゃ?cat

出走資格は?cat

サラ系3歳(旧4歳)以上のJRA所属の競走馬(外国産馬含む)

及び外国調教馬。

負担重量は?cat

別定で3歳(旧4歳)が53キロ

4歳(旧5歳)以上が57キロを基本

牝馬ribbonは2キロ減down

更に収得賞金額が3歳(旧4歳)が3,000万円以上yen

4歳(旧5歳)が4,000万以上yen

5歳(旧5歳)が5,000万以上yen

出走馬は、収得金額5,000万円毎に

1キロの負担sign01が課せられる。

賞金は?cat

総額7,730万円impact

heart021着賞金4,100万円

heart022着賞金1,600万円

heart023着賞金1,000万円

4着賞金620万円

5着賞金410万円

と定められているにゃ。

優勝レイの配色は?cat

赤色地に銀色文字new

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エプソムカップとはにゃに?

diamondエプソムカップdiamondは、

創設期から1995年までは

安田記念が5月開催だった事もあり、

安田記念の出走馬が参戦する傾向があったpaper

1996年以降は

安田記念6月開催に変更された事により、

新潟大賞典の出走馬heart02

安田記念を除外された馬heart02

条件戦で優勝した馬heart02が参戦するが、

次週からクラス替えheart02行われることもあって

出走馬のレベルに開きthunderがあることも多いsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エプソムCについて

virgoエプソムCについてvirgo

1983年

東京優駿50回を迎えたのを機に

東京競馬場エプソム競馬場との

姉妹競馬場提携が結ばれる。

1984年

4歳(現3歳)以上の混合のハンデキャップの重賞(GIII)競走

エプソムカップとして新設

第1回は現在と同じく

東京競馬場の芝1800mで施行された。

1996年

負担重量が別定に

2005年

混合競走から国際競走に指定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年5月 »